タビィ旅ブログ

旅行記・旅行に便利なアイテムの紹介

タビィ旅ブログ 旅行記。色々メモ。


世界遺産 | 古代ローマ時代栄華を誇った最大の都市を巡る*エフェス遺跡

f:id:tabbythecat:20191021222257j:plain

エフェス古代都市遺跡の観光&Tips

基本情報

営業時間: 8:00 - 18:30(冬は変更あるかも)

所在地:Selcuk 35920, Turkey

平均滞在時間:2-3 時間

アクセス:セルチュク(Selcuk)からミニバスで10分

予約:不要

エフェス遺跡とは

トルコ国内で見られる遺跡、考古学史跡の中で、エフェス遺跡(※)は最も有名。

(※過去にはエフェソスと言われていたけど、現在はエフェス。Ephesus=Efes)

世界中の観光客が訪れ、素晴らしいモニュメントやローマ時代の通り、古代ローマの遺跡を鑑賞している。

 

多くの旅行者は遺跡のすぐ隣にあるセルチュク(Selçuk)の町をを拠点にして観光するけど、海沿いのクシャダスやイズミールから訪れる、という選択肢も有り。

 

拠点をどこにするにせよ、エフェスにはたっぷりの歴史的な見どころ、するべきことがあるので、どんなに短くても半日は必要。

 

計画するときは時間には余裕を持って。

個人旅行で行くか、ツアーで行くか

楽に観光したい場合はイズミール発のツアーに参加するのも良い。

エフェス、St.Mary's House+ランチ付き、という類のもの。

 

ツアーに参加すると、移動がラク&安心、うっかり見どころを見おとすリスクがない、というメリットがあるが、私たちは個人で行く選択をした。

何か所も短時間で巡ることが出来るのは魅力ではあるが、

「もう少しじっくり見たい」と思った時には予定を変更できる方が好み。

▼個人旅行でトルコ&ギリシャを巡るプランの参考に

www.tabbytravel.com

エフェスの歴史

青銅器時代中期を起源とするエフェスは、紀元前4世紀頃に現在の地に移転。

前133年にローマ帝国の支配下でアナトリア地方で最も重要な都市として最盛期を迎えた。

 

古代ギリシャ時代から中世にかけて都市景観は変化したが、

特にローマ時代の港湾都市として名高い。

◆入り江が深く土地の内側まで入り込んでいるというロケーションのおかげで

交易のルート化ができ、エフェスは商業が盛んな街として発展。

 

◆1~2世紀、ローマ帝国支配化にあった頃から、ローマ帝国のアジア属州(the Roman province of Asia)として繁栄を続け、人口は20万人を超える東側で最も大きな街になっていった。

f:id:tabbythecat:20191021185235j:plain

また、アルテミス信仰を背景に古代世界有数の巡礼地として発展し、

ローマ帝国でのキリスト教の伝播に重要な役割を果たした。

◆聖パウロはエフェスに宣教師としてやってきて3年間過ごした。主要な教会はビザンチン時代にはアナトリア半島の巡礼地の一つに。

f:id:tabbythecat:20191021185259j:plain

また哲学と医学の中心地でもあった。

ケルスス図書館、大劇場、ハドリアヌス神殿など、その威容を示す遺構が発掘されている。

行き方

①-1.セルチュクのオトガルまでバス

 もし大きい荷物があるなら、セルチュクのオトガルで荷物を預ける

 バス会社の受付でお願いしたら預かってもらえる

②-1. 乗りあいバス(=ミニバス=ドルムシュ)でエフェス遺跡のオトパークまで行く

▼ドルムシュの降り場がエフェス遺跡の2つのある入口のうち北側。

②-2.タクシーなどで行くなら、南側の入口から入っても良い

(今回このパターンは詳細をあまり記載しないが、入ってしまえばどちらから入っても同じ)

f:id:tabbythecat:20191021214747j:plain

③バスで行った場合)オトパークからゲートへ向かう

f:id:tabbythecat:20191022025952j:plain

f:id:tabbythecat:20191021210037j:plain

お土産物屋さんや雑貨店が並んでいるところを通り抜ける

f:id:tabbythecat:20191021210117j:plain

中へ入ると広くて結構歩くので飲み物を買っておいた方が良い。

 

④入場券を購入

f:id:tabbythecat:20191021210305j:plain

チケットカウンターの近くにトイレがあるので済ませておくと良い。

f:id:tabbythecat:20191022025646j:plain

▲WCの表示の先にある小さなプレハブのような建物がトイレ

▼コレ。確か有料トイレなのでちゃんと清掃されている。

 わたしも使ってみたけど汚くなかったので大丈夫。

f:id:tabbythecat:20191022025704j:plain

エフェス遺跡の見どころ&いろいろ

猫がお出迎え。

f:id:tabbythecat:20191021210615j:plain

f:id:tabbythecat:20191021210643j:plain

並木道を歩いていく。

f:id:tabbythecat:20191021210821j:plain

文字が刻まれた石。

f:id:tabbythecat:20191021210846j:plain

マイルストーン。

f:id:tabbythecat:20191021211014j:plain

!!

f:id:tabbythecat:20191021211034j:plain

マイルキャット!

左を向くと・・・でかい・・

f:id:tabbythecat:20191022030104j:plain

この先に進むと、、、The Great Theater!円形劇場!

Great Theater(円形劇場)

f:id:tabbythecat:20191021211115j:plain

f:id:tabbythecat:20191021211329j:plain

この劇場は実際に入って歩ける。

f:id:tabbythecat:20191021211742j:plain

▲劇場側から歩いてきた道を見たところ。海の方向。

古代は繁栄して、この道を沢山の人が歩いていたんだなと想像するとドキドキする。

f:id:tabbythecat:20191021212432j:plain

f:id:tabbythecat:20191021212435j:plain

歩きやすい靴推奨。

f:id:tabbythecat:20191021212753j:plain

f:id:tabbythecat:20191021212810j:plain

f:id:tabbythecat:20191021212837j:plain

世界三大図書館 - ケルスス図書館

f:id:tabbythecat:20191021213250j:plain

クレテス通りから見えるケルスス図書館。

f:id:tabbythecat:20191021213446j:plain

何万冊も蔵書があったと言われている図書館。

ゴート族の遠征時に街が破壊され、本も焼失してしまったらしい。

この時にエフェスは徐々に、緩やかに、衰退していった。

ここの書物が残っていたら凄いことだったと思うけど、

セルジューク朝とオスマンの対立などもあったから

現代にまで保存されるのはやっぱり難しかっただろう。

f:id:tabbythecat:20191021213555j:plain

f:id:tabbythecat:20191021213641j:plain

f:id:tabbythecat:20191021213721j:plain

f:id:tabbythecat:20191021213316j:plain

f:id:tabbythecat:20191022030242j:plain

トラヤヌスの泉

皇帝トラヤヌスに12世紀に作られ、捧げられた。

大きい大理石の水槽があってそこを水が流れていたとか。

f:id:tabbythecat:20191021213808j:plain

南側のゲート付近

f:id:tabbythecat:20191021215017j:plain

f:id:tabbythecat:20191022030323j:plain

南側ゲート入ってすぐのところにエフェス遺跡のジオラマがある。

これを見てわかると思うが、かなりの広さで歩き回ってクタクタになるのでその心づもりで行ってほしい。

 

▼こちらもチェック

www.tabbytravel.com