タビィ旅ブログ

旅行記・旅行に便利なアイテムの紹介

タビィ旅ブログ 旅行記。色々メモ。


旅行に持っていくバッテリー、どの程度の容量が最適?

f:id:disciple_of_tabby:20190417011759j:plain

最近、ようやくiphone6s plusのバッテリを交換したタビィ夫です。

 

バッテリ切れがちスマホには、

旅行・出張、毎日のお出かけにも予備バッテリが欠かせませんでした。

 

 いろんなバッテリーがある中で、どれが旅行に最適だろう?という記事です。

 

結論:2日持つ、二回充電を基準に10,000mAhの容量が最適解。

容量大きい=素晴らしいと思っていたが・・・

f:id:disciple_of_tabby:20190417005113j:plain

私が普段持ち歩いているのは20,000mAHのバッテリー。

Amazonのサイバーマンデーセールで購入して数千円とお得だったのですが、

iphone6s plusだと4~5回以上は充電できて、

複数人でもOKだし、goproの充電も同時にできるし、

めちゃ頼りになります。

 

でも・・・けっこう大きくてとても重い!540gあります。

ポケットに入れると、ポケットが沈みます。

 

容量が大きい分、充電時間もけっこう必要。

これもネックになりました。

予備バッテリを再充電しながら、スマホやカメラにも充電する、という同時充電できなかったので、これは悩みどころとなりました。

 

軽くて小さい=素晴らしいと思っていたが・・・

f:id:disciple_of_tabby:20190417010306j:plain

コンビニなどでもよく売っている小さなバッテリは

5,000mAh程度の事が多いです。

おおよそ、現行スマホ1回分の充電量なので

夜には再充電できるよ!という状況だったら十分です。

 

でも、旅行先では一晩充電できないこともあります。

台風や機材トラブルのために「空港で待ちぼうけ」「メドが見えないから、空港から離れられない」なんてことも、よく発生します。

 

また、特に冬!

寒いとバッテリの減りがめちゃ速いので要注意です。

 

まとめ

2018-2019年 だいたいのスマホのバッテリ容量:3,500 - 6,000 mAh

 

5,000mAhの予備バッテリ

○軽い・小さい&安い

△容量に不安あり

 

20,000mAhの予備バッテリ

○容量デカくて良い

☓重い・大きい・(予備バッテリ自体の)充電に時間かかる

 

↓↓

10,000mAhのバッテリがちょうどよい

 

 

 具体的にどの品が良いのか?

 正直、1回の旅行だけを考えれば、どのメーカーの品でも良いと思います。

が、 私はAnker推しします。

格安品と比べるとちょっと高いですが、 旅行後もよく使われる方であれば向いてます。

"毎日使うものはストレスが少ないものが良い"が基本スタンスです。
(でもブランドとして高級なものは、気を遣うからいらない)

Ankerの良いところ

  • 軽い
    同容量でも他メーカー品よりだいたい軽い
  • 高速充電対応
    他にも満タンなのに充電し続けるのを防ぐ、とか、基本機能が高性能
  • 18ヶ月保証
    1年半保証って相当長い。
  • ハズレ少ない
    初期不良の割合が少ない 返品交換って、金銭ダメージはないけれど、 手続きが面倒なんですよね。
  • ヘタりにくい
    ずっと使っていると予備バッテリー自体もダメになっていきますが、 他メーカー品と比べると劣化のスピードが遅い

 

<1万mAh>

180g前後と、なかなか軽いです。

Anker PowerCore 10000 Redux

新しいやつ。すでに他の持ってるからいらないけど欲しい。

 

Anker PowerCore 10000

これも同じぐらい軽い。Reduxとの違いは、正直良くわからんから見比べてみて!

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート)

259gだがまだ余裕の重量。ちょい容量多めの安心感。ポートが2つあるとこもポイント。

 

<2万mAh>

Anker PowerCore 20000 Redux

容量でかい、重量は362gとやっぱりかなり軽い。 (私が普段使っているのは540 g!もはや鈍器!)

低い電流モードもあるため、何でも充電できる。 新幹線で窓側のコンセント席を確保できなくても、 これでスマホもルータもモバイルノートも対応できる。

 

いろいろ書きましたが、皆さん何でも自由に選んでください!

やっすいバッテリも便利は便利。予備バッテリは命綱!