タビィ旅ブログ

旅行記。色々記録。

タビィ旅ブログ 旅行記。色々メモ。


クロアチアの基本情報 おさえておくべきポイント3つ

 f:id:tabbythecat:20170913183543j:image

クロアチアに行く前に知っておくべき基本情報

クロアチアを旅の候補地にしてから、

まず知りたいと思ったことを3つ覚え書き。

 

⑴治安

⑵物価、通貨

⑶クロアチアへの行き方

 

***

 

⑴治安

ヨーロッパとはいえ、フランスやイタリアと比べると観光地としては若干マイナーなクロアチア。

 

行くと決めた後も色んな人から「クロアチアってどこ?危なくないの?」と聞かれた。

確かに東欧ってなんとなく不穏なイメージあるかも?

高校の授業で習ったユーゴ紛争の地。

f:id:tabbythecat:20170913184923j:image

どうなんだろうとネットで調べたけど、現在の治安は悪くない。

 

実際行ってみての感想

アブナイ感じの人もいないし、雰囲気も良かった。

 

※そもそもどこに行っても深夜に出歩いたり、荷物を無防備に置きっ放したりはしない。

完全に無防備な人は犯罪に巻き込まれるかもしれないのでご注意を。

 

ただ街中にボロボロの建物があったりして、やっぱり内戦の影響は残っていた。

銃撃の痕がある建物も見かけて、今はこんなに平和なところで90年代には内戦があったとは…って不思議な気持ちになった。

f:id:tabbythecat:20170913184424j:image

 

⑵続いて物価と通貨について

都市によるけど物価は全然高くない。

日本より少しだけ安いぐらい。

 

特にザグレブは都心なので物価が安定している感じ。

ドブロブニクはクロアチア随一の観光地だけあって物価も高い。

死ぬほどマズイ料理に何千円が払って侘しくなったり、すごく普通のコーヒーとファミレスかな?っていうドリアに数千円払ったり…

(詐欺と評判の店にもちゃっかり行ったのでまた別の記事に書く)

 

ドゥブロヴニクの料理のレベルや物価は、日本で言うと田舎のイマイチ栄えてない&サービスも洗練されてない観光地みたいな感じ。

素晴らしいお店もたくさんある。

また街並の美しさは何にも変えがたい。

 

スプリトはザグレブと似たような感じ。

ザグレブよりも選択肢は減るけど、レストランも高くないし美味しい!(ちょっとしょっぱいけど)

 

クロアチアの通貨はKuna(クーナ)

f:id:tabbythecat:20170913190534j:image

ユーロが使える店もたくさんあって、もし値札やメニューに

18/2.5 kn/Euro

と書かれていたら、18クーナまたは2.5ユーロですよ、ってこと。

Kunaは略してknって書かれている

f:id:tabbythecat:20170913190721j:image

 

クーナは基本的にクロアチア国内でだけ使える。

余ったら円に両替できない。

 

帰国前日、ほんの少し余ったクーナは機内用のスウェットをザグレブのH&Mで買い、ドラツ市場で干しいちじくをおみやげに買うとかして消費した。

良い買い物だった!

 

クレジットカードは多くの場所で使えるし、ATMでキャッシングすれば現金は手に入るから、初っ端からあんまり大量にクーナにしない方が良いと思う。

クレジットカード、JCBはやめておいたほうがいい!(使える店が少ないから)

 

 

⑶日本からクロアチアへの行き方

複数の航路があるけど、ターキッシュエアラインを選択。

 

予定では、↓こうだった。

往路)関空→イスタンブール経由(5時間ほどイスタンブール観光)→ザグレブ

復路)ザグレブ→イスタンブール経由(サービスのホテルで休憩)→関空

 

予定は未定。旅にトラブルは付き物。

 

なぜイスタンブール経由にしたかというと、単純に安かったのと、ターキッシュエアラインに乗ってみたかったから。

ヨーロッパ第1位獲得した機内食!テンションアップ!

乗り継ぎの時間が長い場合のターキッシュエアラインのサービスも調べ、オマケのトルコ観光も!イェイ!

と、思っていたが、トラブル発生。

(詳細は別記事で)

 

いくつかのトラブルに見舞われ、当初予定と変わり往路も残念だったけど、復路が大変だった。

何時間かかったのかワケがわからない。たぶん数十時間。

 

往路)関空→イスタンブール経由(空港で引きこもり5時間)→ザグレブ

 

 復路)ザグレブで一晩足止め→翌夕、ザグレブ→フランクフルト経由 byクロアチア航空(乗り継ぎ時間わずか20分)→ルフトハンザ航空のコードシェア便でANAにて成田→関空

 

最初からターキッシュエアラインを選ばなければ!と思う出来事もあったけど、なんだかんだでイスタンブールは行きたいのでまた使うだろう。

 

お金持ちならANAとかJALでフランクフルト経由してクロアチア入りがいいなー!

 

 

旅行人161号旧ユーゴを歩く〜クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、セルビア、モンテネグロ、コソヴォ

旅行人161号旧ユーゴを歩く〜クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、セルビア、モンテネグロ、コソヴォ

  • 作者: 蔵前仁一,渡邉義孝,森優子,杉江真理子,石井光太,小島剛一,井生明,田中真知,旅行人編集部
  • 出版社/メーカー: 旅行人
  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: 雑誌
  • 購入: 11人 クリック: 69回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

 

引き裂かれた国家―旧ユーゴ地域の民主化と民族問題

引き裂かれた国家―旧ユーゴ地域の民主化と民族問題