タビィ旅ブログ

旅行記・旅行に便利なアイテムの紹介

タビィ旅ブログ 旅行記。色々メモ。


クロアチアの基本情報 おさえておくべきポイント3つ

 f:id:tabbythecat:20170913183543j:image

クロアチアに行く前に知っておくべき基本情報

 

***

⑴治安

観光地としてはフランスやイタリアと比べると、日本では若干マイナーなクロアチア。

行くと話すと決まって「クロアチアってどこ?危なくないの?」と聞かれた。

東欧といえばユーゴ紛争、チェルノブイリなど不穏なイメージがあるのかもしれない。

f:id:tabbythecat:20170913184923j:image

実際行ってみると、人は良いし、雰囲気も穏やか。 

※深夜に出歩いたり、荷物を無防備に置きっ放したりはしない。

無防備な人は犯罪に巻き込まれるかもしれないのでご注意を。

 

ただ、街中にボロボロの建物があったり、内戦の影響は残っていた。

銃撃の痕がある建物を見かけ、今はこんなに平和なところで90年代には内戦があったとは…と不思議な気持ちになった。

f:id:tabbythecat:20170913184424j:image

⑵物価と通貨について

都市によるけど、物価は全然高くない。

日本より少しだけ安いぐらい。

 

◆ザグレブは都心なので物価が安定している。

◆ドブロブニクはクロアチア随一の観光地だけあって物価が高め。

価値に見合わないお金を払って侘しくなったこともしばしば。

ファミレスのような味のドリアとコーヒーに数千円払ったり、物凄く美味しくないお店に何千円はらったり。

(詐欺と評判の店にもちゃっかり行ったのでまた別の記事に書く)

 

ドゥブロヴニクの料理のレベルや物価は、日本で言うと田舎の栄えてない&サービスも洗練されてない観光地のような感じ。

 

もちろん素晴らしいお店もたくさんある。

また街並の美しさは何にも変えがたい。

 

◆スプリトはザグレブと似たような感じ

ザグレブよりも選択肢は減るけど、レストランも高くないし美味しい!

 

通貨 Kuna(クーナ)

f:id:tabbythecat:20170913190534j:image

ユーロが使える店もたくさんある。

値札やメニューに「18/2.5 kn/Euro」と書かれていたら、18クーナまたは2.5ユーロですよ、という意味だ。

Kunaは略して、knと書かれている

f:id:tabbythecat:20170913190721j:image

▲クーナとユーロが使える場合の表記 

注意点

クーナは基本的にクロアチア国内でだけ使え、余っても円に両替することができない。

クレジットカードは多くの場所で使えるし、ATMでキャッシングすれば現金は手に入るので、クーナへの両替はほどほどに。

 

わたしは帰国前日、ほんの少し余ったクーナをザグレブで使い切った。

・H&Mでスウェットパンツを購入(今も冬はパジャマに使っている)

・ドラツ市場で干しいちじくを購入

 

クレジットカードについて

持っていくならVISAかMASTERに。

JCBはやめておいたほうがいい(使える店が少ないから)

⑶日本からクロアチアへの行き方

複数の航路がある。

フランクフルト経由、イスタンブール経由、仁川経由。

 

わたしはその中でイスタンブール経由のターキッシュエアラインを選択。 

予定では、以下のルートだった。

往路)関空からイスタンブール経由(5時間ほどイスタンブール観光)でザグレブ

復路)ザグレブからイスタンブール経由(サービスのホテルで休憩)、関空

 

 

乗り継ぎのインターバルが長い場合、ターキッシュエアラインではサービスがあり、トルコ観光やホテルでの休憩が出来る。

楽しみにしていたのだけど、往復ともにトラブル発生。

(詳細は別記事で)

 

いくつかのトラブルに見舞われ、当初予定と変わり往路も残念だったけど、復路が大変だった。

何時間かかったのかワケがわからない。たぶん数十時間。

 

往路)関空→イスタンブール経由(空港で引きこもり5時間)→ザグレブ

 

 復路)ザグレブで一晩足止め→翌夕、ザグレブ→フランクフルト経由 byクロアチア航空(乗り継ぎ時間わずか20分)→ルフトハンザ航空のコードシェア便でANAにて成田→関空

 

最初からターキッシュエアラインを選ばなければ!と思う出来事もあったけど、なんだかんだでイスタンブールは行きたいのでまた使うだろう。

 

ANAやJALでフランクフルト経由、クロアチア入りもいい!

 

旅行人161号旧ユーゴを歩く〜クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、セルビア、モンテネグロ、コソヴォ

旅行人161号旧ユーゴを歩く〜クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、セルビア、モンテネグロ、コソヴォ

  • 作者: 蔵前仁一,渡邉義孝,森優子,杉江真理子,石井光太,小島剛一,井生明,田中真知,旅行人編集部
  • 出版社/メーカー: 旅行人
  • 発売日: 2009/12/01
  • メディア: 雑誌
  • 購入: 11人 クリック: 69回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

 

引き裂かれた国家―旧ユーゴ地域の民主化と民族問題

引き裂かれた国家―旧ユーゴ地域の民主化と民族問題