タビィ旅ブログ

旅行記。色々記録。

タビィ旅ブログ 旅行記。色々メモ。


海外旅行に持って行く精鋭お菓子と選び方

 f:id:tabbythecat:20171111122559p:image

旅行に持って行く精鋭のお菓子!

期間と行き先に応じて複数種類持って行く。

他の人たちは何を持って行くんだろう?気になる。

 

どんなときに食べるか
  1. 空腹時、疲労時に食べる
  2. 乗り物酔いしそうな時に食べる
  3. 好きだから食べる

主に1と2の用途に合わせて持って行くものが多い。

 

選び方
  • 小分けまたは個包装であること
  • 粉々になりにくいこと
  • 溶けづらいこと、または多少溶けても問題がないこと
  • 同じようなものばかりではなく、異なる色んな味を網羅すること(その方がシーンに合わせられるから)

 

元気が出るお菓子

キャンディー

疲れたときや、小腹が空いたときに食べる。
飛行機の遅延や長距離移動で食事が摂れないときの栄養補給という気持ちで食べるにもちょうど良い。

袋から取り出して各10粒ずつお菓子ポーチに入れる。

 ヴェルタースオリジナルは濃厚な味で一粒食べると力が湧いてくるような気がする!

 

スニッカーズ

主に長距離移動中や長い待ち時間が出来た時に食べる。

栄養補給としていざという時のために一本バッグに入れておくと、安心。そして大抵は食べるタイミングがやって来る。

いざという時、は意外と発生するものだ。

旅行先で買うことすらある。

 

マースジャパン スニッカーズミニ 1本×24本

マースジャパン スニッカーズミニ 1本×24本

 
スニッカーズ スニッカーズピーナッツシングル 一本×12個

スニッカーズ スニッカーズピーナッツシングル 一本×12個

 

お腹が空いたらスニッカーズ!というCMを思い出しながら食べる。

すごく食べ応えがあるし、本当にエネルギー補給している気がする。チョコはコレ以外には基本持って行かない。溶けるし、大抵どこでも買えるから。

 

グミ 

主に飛行機で食べる。

明治 コーラアップ 100g×6袋

明治 コーラアップ 100g×6袋

 
春日井 つぶグミソーダ 85g×6袋

春日井 つぶグミソーダ 85g×6袋

 

元々グミが好きなので、常日頃からグミを食べる。

歯ごたえがあってお腹も膨れるし、色んな味が楽しめる。

スナック菓子のように歯に詰まることもないので歯磨きしづらい時でもまだ食べやすい。

コーラアップグミは特に歯ごたえがあって、一袋にたくさん入っているので、一度に食べずにちょっとずつ(1〜5個)食べる。

美味しい!

ファスナーが付いているので持ち運びにも便利。

つぶグミも定番。美味しい!

 

ビスコ

食事が摂れないとき、空腹時に食べる。

お腹が空いていると乗り物酔いもしやすくなるから、予防的に食べるものがあると安心。

江崎グリコ ビスコ 発酵バター仕立て 15枚×10個
 
グリコ ビスコ 15枚×10箱

グリコ ビスコ 15枚×10箱

 

箱に入れておけば粉々になりにくい。ビスコのような優しい甘しょっぱい系のお菓子は海外には少ない。一箱持ってると良い。

 

乗り物で気分が悪くなりそうなとき

ペパーミントキャンディー

酔い止め薬の代わり!

※空腹きっかけで気分が悪くなりそうなときは先にお腹に何か入れてからがベター

▲コレ以外にもミント系の飴があったら買うようにしている。

きっかけはクロアチアで買ったKrasのペパーミントチョコキャンディー。長距離バスの中で何粒食べたことか…。おかげで気持ち悪くならずに移動することが出来た。

Krasのペパーミントチョコキャンディはクロアチアのスーパーでも買えるので見かけたら試してみてほしい!

大量に買って帰ったので、今でも楽しんでいる。(食べ終わったら悲しい)日本でも売って欲しい!

f:id:tabbythecat:20171107010054j:image

 

フリスク

普通のフリスクじゃなくて、大きい粒のフリスク

気分転換したいとき。特にシーンは選ばない。

ただし、容器が缶なので静まり返っているときに食べようとすると容器とフリスクがぶつかってガラガラと音を立てる。静かにしないといけないときは少し気を使うかな?

クラシエフーズ フリスクネオ グレープ 35g×9個

クラシエフーズ フリスクネオ グレープ 35g×9個

 

1缶50粒で何日ももつ。スッキリする。

フルーツの香りが際立っていて美味しい。

ラムネみたい!

 

キシリトールガム

主に移動中、乗り物酔いしそうなとき、または口さみしいときに噛む。

香港とマカオの間をフェリーで移動した時にも食べた。旅行の時は2〜3本持って行く。好きなのはノーマルなミント味。虫歯になりにくそうだから。

元々乗り物酔いする体質なので、「これはやばいかも」と思ったときには、即座にミント系のガムを取り出し、ひたすら噛んで無心になる。無心になりつつ眠りにつく。そうすると乗り物酔いせずに過ごせる。

 

ガムも虫歯になる原因だから気になるときは歯医者で買った歯科専用のキシリトールガムもおすすめ。

ボトルタイプじゃなく、小分けの袋いりの商品もあるので、旅行の時はそちらの方が良いかも。

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(アップルミント)

【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(アップルミント)

 
 のど飴

少し風味のきついものが乗り物酔い予防にぴったり。また、空気が乾燥してイガイガするときにも舐める。

栄太樓 しょうがはちみつのど飴 70g×6袋

栄太樓 しょうがはちみつのど飴 70g×6袋

 
リコラ ハニー ハーブキャンディ 70g×6個

リコラ ハニー ハーブキャンディ 70g×6個

 

生姜の飴は甘ったるくなくて乗り物酔いしそうなときにぴったり。

生姜やハーブの飴は香りが強めなので、舐めると自分の口の中と鼻のあたりが一気にその香りになる。だから乗り物の芳香剤などの匂いを打ち消すことも出来てオススメ。

 

まとめ

以上が旅行に持っていく厳選したお菓子

現地でも、気になったお菓子は買って食べてみると凄く楽しい◎