タビィ旅ブログ

旅行記・旅行に便利なアイテムの紹介

タビィ旅ブログ 旅行記。色々メモ。


旅をワンランクアップさせる!ホテル選びで大事な5つのポイント

f:id:disciple_of_tabby:20171119162703j:plain

目次

ホテル探しの方法を紹介

はじめに“ホテル選びで重視するポイントを認識”

タビィ夫です。

以前にクロアチアのホテル選び記事でも書いたとおり、私は宗旨変えをして「コストに見合うなら満足度を優先しよう」という考えでホテルを探すようになりました。

私はもともとバックパッカーで安ホテル派でしたが、タビィ師の影響を受けて、せっかく海外に行く時は贅沢の上乗せというよりも、コストが見合いそうだったら無理やリスクを打ち消して安心して旅行しよう派に宗旨替えしました。

旅行する仲間が重視するポイントとストレスを感じるポイントが分かっているとホテル選びもすれ違いがなくなりそうですね。

例えば、ホテル予約サイトの評価を見ていると、マイナス点として以下のような言葉があります。

 

👎フェリーターミナルまで結構時間がかかったのが残念

👎思ったより部屋が狭かった

 

立地を重視する、部屋の広さを重視する、

と自分で理解してホテルを選べば残念な結果を回避できます。

 

大切なことは…

  1. 「何を重視するか」を自分自身で理解すること
  2. 誰かと一緒の旅行なら重視するポイントをすり合わせること

 

自分が何を重視するのかよくわからないという方はホテル選びを失敗する確率が高くなるので、この記事を参考にして、楽しくホテルを選んでもらえたら良いなと思います。

 

旅行はホテル次第で1ランクも2ランクもアップする!

 

予約の手順

①ガイドブックを見る

本当は観光地選びの段階でガイド系ウェブサイトなども見ているのですが、ホテル選びとなるとウェブでは選択肢が多すぎることも。

 

そこで図書館で借りたり、本屋さんで買ったり(立ち読みしたり・・・)します。

 

はじめは観光地の土地勘が無いですが、ガイドブックで代表的なホテルや観光地の紹介を眺めていると、だんだんエリアの様子が分かってきます。

 

ガイドブックに大きめに掲載されるホテルはだいたい、ある程度規模があって、結構良いお値段。

そして立地が良い=交通の便が良かったり繁華街や観光地に近いので、目印にしやすいです。

リンク:公共図書館 (公立図書館)

リンク:なんじゃこれ~便利っぽい!


②頭の中に地図を描く

f:id:disciple_of_tabby:20171119121006j:plain

主要ホテルと、主要観光施設、そして交通のターミナルの位置関係から、なんとなく地図が描けてきます。

より正確には、頭の中の地図上に行きたい場所がプロットされていく。(頭の中じゃなくてもいいけど)

「旧市街の中のホテルだと夜もレストランやカフェバーがにぎわっていて風情がありそうだ」

「新市街は他の街への交通の便がよさそうで、価格も安そうだ」

など。

過ごし方のイメージができたらエリアが絞られてきますね。

色々書きましたが、まずはどんな過ごし方をしたいかイメージして、それはどこか調べよう!ということですね。

 

③メタサーチ と クチコミチェック

エリアが決まったらあとは、絞り込みと比較・決定!

メタサーチサイト&各種ホテル予約サイト&クチコミチェックをします。

メタサーチ・・・いろんなホテル予約サイトの価格比較をするサービスのことです。

 

メタサーチの例

 

例えば、トリバゴを使って、街の名前で検索。

 

※トリバゴの他にもメタサーチサイトはたくさんあります。

紹介しだすとキリがないし、これからも新しいサービスが出てくるだろうから、使いやすそうなところを選べばよいと思います。
→たくさん出てくる場合は、評価順・価格絞り込み。けっこう離れているホテルも出てくるので、「主要地からの距離」でも絞りこみをかけてもいいかも知れません。

f:id:disciple_of_tabby:20171119122649j:plain

案外カタカナでも対応してくれます。

候補が少ない場合はアルファベットを打ち込んでみよう。

 

ちなみにホテルの格付けの星は設備に基づくハード評価が基本です。

 

評判のB&Bだが施設としては☆が少ない、といったこともありますので、いくつか様子を見て絞りこみをすると良いでしょう。

 

格付けをやってる会社の人が教えてくれてたんですが、駐車場に武装警備員がいることが☆2の条件になる国もあるんだとか。

 

つまり、世界共通の基準ではありません。

日本の旅館・民宿もいまのところはこの格付けシステムにはちょっと不向きなんですよね。

 

で、個々に見ていくと

f:id:disciple_of_tabby:20171119123143j:plain

すごい割引率!これは気になる~!

でもAmomaで出てる価格だけが高額で、ほかのサイトでは軒並み13,000~20,000円のレンジ。

ということは、Amomaの価格は無視して検討した方が無難そうですね。

ホテル予約サイト名をクリックすると、各サイトに移動するので、そこでレビューもチェック。

f:id:disciple_of_tabby:20171119124405j:plain

エクスペディアのレビューページからキャプチャ

ホテルそのものの評価や立地などチェック・・・近くに深夜まで空いてるスーパーがあるとか、歩いて海岸まで行けます、とか。

 

クチコミはあくまで個人の感想なので、ネガティブコメントも一つなら無視しますが、同内容が複数重なっているぽい場合には参考にします

 

Google検索してみると、当ブログのように旅行記を書いている人の体験記が出てきたりするのでチェックします。

 

(私は重視していないポイントでしたが、)タビィは朝食のイメージや、水回りの設備なども見ていたりするようです。これらはホテル予約サイトやTripadvisorのクチコミ投稿でも写真を見ることができますね。

 

ホテル予約サイトはどうなのか

ホテル予約サイトの多くはベストレート保証

が、実のところ、ホテル本体サイトから予約するのと同額だったりすることもあります。

 

他のサイトを経由して予約されると、ホテルの立場としては手数料分が目減りするので、ホテルとしては直予約のお客の方がありがたいですよね。

 

部屋も最後は直予約のお客向けに残していたりすることもあるようなので、比較サイトの網にかかってこない「直予約」というのも一度検討してみてください。

 

一方、いろんなホテル予約サービスを経由して、バラバラに予約すると、管理もそれぞれしなくてはいけません。

メリット:「一元管理と特典」

一つのサイトで予約すれば、そのサイトで予定を管理できるという便利さがあります。

また、サイトによっては宿泊数に応じて特典を付与したりするので、場所ごとの最安値ばかりを狙うのではなく、自分の利便性と特典を加味した上で判断するというのも有りですね。

費やす時間:価格や条件のバランス

 最も安い価格で予約しないと損をする!と追求しはじめると、今度はもっとも貴重な「時間」が失われてしまう罠が待っていますからね。それが趣味だったら結構なことですが。

ここからは個々人の価値観ですが、私は泊まる場所が決まると特に安心を得る性格なので、割り切って予約します。

とはいえ、ある程度Webを渡り歩いて調べて、目的・条件に適う場所が見つかったら、ですが。

見つかったあとは、それ以上はあまり推敲せず、写真を見て感覚で決めたり、タビィに「ここでいい?」と確認だけとって確定させます。

場所が決まればより具体的なプランも想像できて楽しくなります

いろんなホテルの思い出は尽きない

トルコ アンタルヤの一泊800円のホステルもオーナーが面白くていろんなところに連れていってくれて本当にくつろげたし、

スイス グリンデルヴァルトの3000円のホステルは清潔で暖かみがあったし、

ドイツの田舎のB&Bのおばちゃんは水回りを汚さないようにめちゃ厳しいけど、部屋は超清潔で朝食はめちゃ気合入ってて数千円と思えないぐらい快適だったし、

一方でクアラルンプールのマンダリンオリエンタルも良かったし、

よく出張で泊まる新しくできたカプセルホテルは清潔で快適だし・・・これは思い出じゃなくて現在進行形でした。

 

クロアチア周遊のホテル予約のポイントと感想