タビィ旅ブログ

旅行記・旅行に便利なアイテムの紹介

タビィ旅ブログ 旅行記。色々メモ。


マカオ120%満喫できる五つ星ホテル!世界遺産、歴史地区まで徒歩圏内!ポンテ16

 f:id:tabbythecat:20171023015524p:image

美味しいお昼ご飯を食べてホテルへ向かう。

付近は下町の雰囲気。

f:id:tabbythecat:20171022234220j:image

▲小鳥屋さん?鳥かごの中に小鳥が。

 

f:id:tabbythecat:20171022234310j:image

▲自転車の荷台ぱんぱん。

 

f:id:tabbythecat:20171022234355j:image

▲すごーい

f:id:tabbythecat:20171022234450j:image

妙な匂いがすると思いきや…

魚が干してある。

f:id:tabbythecat:20171022234533j:image

ローカルな雰囲気で歩くだけでも楽しい。

ものの10分ほどでホテルへ到着。

 

前情報▼

f:id:tabbythecat:20171022234947j:image

 

現実▼

f:id:tabbythecat:20171022234625j:image

なんか違う。

 

ソフィテル マカオ アット ポンテ16

Rua do Visconde Paco de Arcos, マカオ

フランス系の五つ星ホテル。

建物の外観は古いけど、立地は最高だし、内装も豪華。

部屋も良かった!

 

アメニティがロクシタン!っていうのが女心をくすぐる。

世界遺産がたくさんある歴史地区まで徒歩圏内、っていうのが最大の決め手でこのホテルを選んだ。

結果、大正解!

 

 

水回り★★★★★
  • 広々として清潔
  • シャワーの水圧ばっちり!
  • お湯も熱々、ちょうどいい!

f:id:tabbythecat:20171023000516j:image

▲正面が洗面台、左手にバスタブ、右手にシャワールーム、トイレ

トイレがちゃんと仕切られてるのは嬉しい。

f:id:tabbythecat:20171023214224j:image

▲バスタブ大きい!嬉しい!

お湯ためて入ったら気持ちよかった〜

風邪も治る勢い!

お湯に浸かりながらAmazonプライムビデオで

チハラトークを観た。笑った。幸せ。

f:id:tabbythecat:20171023000748j:image

▲トイレとシャワー

 

アメニティ★★★★★

f:id:tabbythecat:20171023002357j:image

▲シャンプーなど

ロクシタンはいいんだけど、2人で1つは少ない

シャンプーとかコンディショナーは贅沢に使わせてほしい…

f:id:tabbythecat:20171022235410j:image 

▲石鹸もロクシタン。

その分お金払ってるわけだけどやっぱり嬉しいロクシタン。

 

設備★★★★☆

まぁ、普通といえば普通。

コンセントがちょっと少ないぐらい。

f:id:tabbythecat:20171022235544j:image

▲わたしは初めて見た。

いまいちよくわからないけど、貴重品置き?

便利そう。

 

f:id:tabbythecat:20171023000847j:image

▲広くて快適な部屋。凄くよく眠れた。

 

 f:id:tabbythecat:20171028175059j:image

▲宿泊客に貸し出されるスマホ

使っても追加料金なし。

ただし紛失、破損はお金払わないといけないので、持ち出さずに部屋でたまに使っていた。

観光情報へのアクセスがしやすい設定になっている

マカオ内の通話は無料。

レストラン予約に活用した。

 

f:id:tabbythecat:20171023000926j:image

▲部屋から見た景色。曇り空。

左の山みたいなところは砲台。あとで行ってみよう!

(実際行った!)

 

フロントスタッフ★★★★☆

丁寧。

チェックアウトの時も色々と親切に教えてくれた。

 

ベルスタッフ、コンシェルジュ★★★★★

星100個付けたいぐらい。

とても親切にしてもらった。

お礼の手紙かメール送ろうかと思うほど。

親身になってくれて、本当にありがたかった!

 

セキュリティスタッフ★★★☆☆

仕事の役目を果たしているのだから、その行動自体は仕方ないのだろうと思うけど…

 

ロビーを見回って、ソファで居眠りしている人を見つけては、目の前で手を叩いて鳴らして起こしたり、充電していたら厳しくやめさせたり…

警戒レベル8の超大型台風が来ていて、外に出ようにも出られない客に対してそれはどうなのか。

 

全く丁寧さが無くて、学校のヒステリックな先生のような厳しさ。

もしくは、そうだなぁ。

子供の頃、親にお小遣いを貰って近所の個人経営の小さい本屋に行ったとき、あからさまにジロジロと見張られて、まるで万引き犯を見張るかなような視線を浴びせられ、どれを買おうかな?って手に取るやいなや、「立ち読みしないで!」と怒られる…嫌な本屋さんの記憶があるんだけど、その本屋さんみたいな感じ。

わかりづらいか。

 

見張って注意することが目的になってるような。

注意するのは何故なのか、ホテルの質を保つため。

そこがズレてる感じ。

スタッフも質を下げる行動は良くないと思った。

 ***

 

他のホテル同様、カジノがホテル内にあって、

夕方になるとカジノに入りたい人が並んでいた。

「欲望の塊の人々」という感じがした。

 

カジノに向かう人たち沢山見たけど、

なんかギラギラした雰囲気漂ってた!

 

コタイ地区のカジノ近辺うろうろしてるときも

カジノに入ってく人といっぱいすれ違った。

田舎のヤンキー?みたいな風貌してたり、

下っ端のチンピラみたいな風貌だったり、

ちょっと面白いなぁと思った!

 

一般論でもあるけど、わたしの経験上、

どこの国でも(日本でも)夜は下手にウロつかず、

おとなしく早く寝るに限る。

 

パリジャンも面白かったけど、落ち着くのはポンテかなぁ!